まとめ天下一武道会

4年に一度開かれるオリンピックやワールドカップなどのスポーツまとめです。

    タグ:東京五輪

    1: サーバル ★ 2018/10/23(火) 20:05:25.32 ID:CAP_USER9.net
    2020年東京五輪・パラリンピックで授与される5千個以上のメダルを、携帯電話などの部品を再利用した金属から作るプロジェクトの中間結果が23日、大会組織委員会から発表された。銅メダルの分は昨年4月のプロジェクト開始から今年6月までに、目標量の2700キロが集まった。金は16・5キロ(達成率54・5%)で、銀は1800キロ(同43・9%)だった。

     東京五輪は、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」に準備段階から本格的に取り組む最初の夏季大会だ。全てのメダルを再生金属から作れば、五輪史上初の試みになる。大会組織委によると、7月までにNTTドコモを通じて約432万台の携帯電話、自治体を通じて小型家電など3万4千トンが集まった。9月現在、回収ボックスは全国の1万1千カ所以上に設置され、全国1500以上の自治体が参加しているという。
     回収は来年3月まで。組織委の担当者は「今年度に入ってから回収量も増えている。金と銀も目標量に届くだろうが、年末のボーナスでの買い替えや大掃除の時に、捨てずに回収にあててほしい」と話している。
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLBR3DR9LBRUTQP00K.html

    関連スレ
    【国家総動員】東京五輪ボランティア、応募は50代・60代が多数 4万人が応募完了★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539951002/

    【東京五輪、シルバー世代は集まるのにシルバーが集まらない】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/08/23(木) 00:30:35.05 0.net
    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/235/829/9a529cbe9397a1f9882353346fcb348720180821140648795.jpg">https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/235/829/9a529cbe9397a1f9882353346fcb348720180821140648795.jpg
    募集にはカネをかける(東京ボランティアナビHP)

     一躍時の人となった、「スーパーボランティア」こと尾畠春夫さん(78)。山口県で行方不明となっていた藤本理稀ちゃん(2)を発見して以来、英雄扱いだ。
    「ボランティアは人を頼ったり、物をもらったりしちゃいけない」「自己完結、自己責任」――。
    尾畠さんの言動が世の中から称賛されている一方で、政治利用されるのではとの懸念が出てきた。

     その心配の種が、人手不足が予想される東京五輪のボランティア募集。
    約11万人のボランティアを集めるため、東京都は約4000万円をかけ、人気女優の広瀬すずを起用した募集動画を制作。
    来月下旬からテレビCMとして放送する予定だ。また、全国の大学で説明会を開いており、ボランティア活動を紹介したチラシを30万部配布するという。
    文科省とスポーツ庁も先月、五輪期間中の授業や試験日程を変更できる旨を全国の大学に通知し、大学生のボランティア参加を暗に働きかけている。

     政府と都は「ボランティア募集」にはカネをかけるのに、有償でスタッフを雇う気などサラサラない。
    それゆえ、見返りを求めないボランティアの鑑と称賛される尾畠さんの言動に、“利用価値”を見いだしてもおかしくない。
    実際、一部の芸能人などが「尾畠さんに国民栄誉賞を!」と叫ぶ一方、ネット上では、
    <(組織委が)尾畠さんを無償奉仕の象徴的存在として祭り上げそう><(尾畠さんが)東京五輪のボランティア募集活動に利用されそう>
    などと不安視する声が出ている。

    「ブラックボランティア」の著者で作家の本間龍氏がこう言う。

    「例えば、尾畠さんが、全国で行われているボランティア募集の説明会などに引っ張り出されたとしたらおかしな話です。
    行政がそういう動きをしたら、全力で阻止しないといけません。
    そもそも、ボランティアは参加者が自発的に行うものなので、行政が懸命になって集めること自体、違和感を覚えます。
    尾畠さんの活躍は喜ばしい話題として報じられているので、まさか利用するなんてことはないでしょうが」

     リオ五輪の閉会式にマリオで登場したり、人気者とみるや国民栄誉賞を乱発したりする安倍首相のことだ。油断はできない。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/235829

    【東京五輪 東京都が約4000万円をかけ人気女優の広瀬すずを起用した募集動画を制作】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2018/08/08(水) 11:30:12.92 .net
    東京五輪終わっても「サマータイム」恒久的運用へ 議員立法による成立を目指す



    安倍晋三首相(63)は7日、2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策などを含め、
    国全体の時間を夏の間だけ2時間早めるサマータイム(夏時間)制度について検討するよう自民党に指示した。

    当初は19、20年の2年に限る案もあったが、五輪を契機に恒久的に夏時間を運用する方針であることも党幹部らへの取材で分かった。
    安倍首相と官邸で会談した大会組織委員会の森喜朗会長(81)によると、安倍首相は「国民の関心は高い。やるならば国民生活に影響する」などと語ったという。


     猛暑対策の一つとして、2年後に開催される東京五輪・パラリンピックを契機に「夏時間」が制度化される可能性が出てきた。

     自民党幹部によると、秋の臨時国会で制度・設計に向けた議論を行い、議員立法による成立を目指す。
    当初は夏時間を19、20年に限る案も浮上していたが、
    その都度、必要になるIT関係のシステム変更に伴う負担などが大きいとして、東京五輪後も恒久的な制度とする方針。野党とも合意を取りながら、議論を進めていくとしている。


    夏時間は先進国を中心に70か国以上で導入され、日本でも環境省などが検討を進めてきた。

    例えば2時間のサマータイム制の場合、始業時間9時は現状の7時となる。導入のメリットは省エネや温室効果ガス削減があり、酷暑への対策もしやすい。
    明るい夕方の時間が増えるため、観光、ボランティア活動なども活発になる。日本生産性本部は、2004年に約9700億円の経済波及効果があると試算している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000025-sph-soci
    https://i.imgur.com/zbBjTZT.png

    【安部晋三「東京五輪終わってもサマータイムは恒久的運用します。経済効果は一兆円規模で税収も増、ボランティアや観光も活発になる」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/07(火) 19:59:40.20 ID:CAP_USER.net
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/07/kf_nec_02.jpg
    NECは8月7日、2020年の東京五輪・パラリンピック競技大会で、関係者が会場に入る際、同社の顔認証システムが使われることが決まったと発表した。選手やスタッフ、ボランティアなど大会関係者約30万人を対象に、顔の画像とIDカードを組み合わせた本人確認を行う。駅の改札口でICカードをタッチするようにして、スムーズに入場できる。大会史上初の試みという。

    あらかじめ撮影・登録した顔画像とICチップを搭載したIDカードの情報をひも付ける。その上で、関係者にそれぞれのIDカードを配布。会場の入り口に設置した端末で、顔画像とIDカードの情報をチェックし、本人かを確認する。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/07/kf_nec_03.jpg

    端末は上部に顔認識用のカメラ、その下にIDカードをタッチする部分が設けられている。IDカードをかざすと即座に顔認証を行い、数秒で確認が完了する。IDカードの貸し借りや盗難によるなりすまし入場、IDカードの偽装による不正入場を防ぐ他、入場口で人手による確認作業の負荷を減らす狙いがある。

    システムには、NECのAI(人工知能)を活用した顔認証技術「NeoFace」を活用した。IDカード内にどのような情報が保存されているか、といった詳細は「セキュリティ上、公開できない」(同社)という。

     7日、報道陣向けに行われたデモンストレーションでは、スタッフが端末の前で足を止めることなく立て続けに入場する様子が披露された。実証実験では、人間が目視で4人確認する間に、顔認証システムでは10人の確認が終わり、通過できたという。

     2020年の東京五輪は、都内でも会場が複数の場所に分散しているため、関係者が別の会場へ移ろうとすると、そのたびに本人確認を行う手間が生じる。またセキュリティチェックのために十分な場所の確保が難しい場合、炎天下で入場口付近に人があふれる――といった懸念もある。省スペースの顔認証システムを使い、こうした課題を解決するとしている。

     東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の岩下剛氏(警備局局長)は「関係者は重要なエリアに何度も立ち入ることになり、その分、セキュリティチェックの負担も大きくなる。顔認証システムを導入し、確認作業を円滑にする」と意気込む。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/07/news063.html

    【東京五輪、関係者は「顔認証」入場 大会史上初 “改札並み”にスムーズ】の続きを読む

    このページのトップヘ