まとめ天下一武道会

4年に一度開かれるオリンピックやワールドカップなどのスポーツまとめです。

    カテゴリ: バレー

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/30(土) 11:50:50.76 ID:+YX6Qacv9.net
    いま、バレーボールファンの間でひそかにささやかれている噂があるのをご存じだろうか。
    女子バレー日本代表の元エース・木村沙織(33)が働くカフェがある、というのだ。いわく、木村はフツーに店頭に立ち、接客もしているという。

    実力もさることながら、その可憐なルックスでも絶大な人気を集めた国民的スターがカフェの店員? 
    訝(いぶか)しみながら本誌は大阪市内にある件(くだん)のカフェを訪問。
    はたして噂は、本当だった。

    「いらっしゃいませ~」

    アメリカンな外観が印象的なオシャレカフェに入ると、いきなり木村が現役時代と同じ弾けるような笑顔で迎えてくれた。
    引退から2年以上が経つが、あの抜群のスタイルはまったく変わっていない。

    客と気軽に談笑していたかと思えば、レジにも立つ。
    まだ慣れていないのか、お釣りの計算に手間取ってはいたが、堂々たる店員ぶりだ。

    いったいなぜ、木村沙織がカフェで働いているのか。
    客がいなくなったタイミングで取材をお願いすると、彼女は快く応じてくれた。

    「現役時代からずーっと、カフェをオープンするのが夢だったんです。
    引退後、実際にイベントでカフェをやったり、バレーの大会でちょっとしたお店をやらせてもらって経験を積んでいました。
    それで’16年に結婚した元バレーボール選手の夫に相談したら『一緒にやろう』と言ってくれて、
    実現したのがこの店です。
    今年9月にプレオープンして、10月1日から正式にやっています」

    料理は夫がつくり、木村は主に接客を担当している。
    営業時間は14~24時。
    ほぼ毎日、夫婦で店頭に出ているという。
    カフェをオープンしたことについては、特に告知はしていない。

    「ファンの方に来てもらえるのは、もちろん嬉しいです。
    でもそれよりも、町に馴染んで地域の人たちと交流しながら、みんなが集まれるような場所を私たちは目指しています。
    実際、外観を見てフラッと入ってくれる方も多くて、それが本当に嬉しいです。
    女性客だけでなく、男性や子供連れ、おじいちゃんおばあちゃんなど、いろんな層の方が来店してくださるので、毎日『面白いなー』と思って接客しています」

    解説やテレビ出演の依頼はいくつかあるが、いまは店に専念したいと語る木村。今後の夢も明かしてくれた。

    「現役時代と生活はまったく違いますが、夢だったことが少しずつ形になってきて、すごく楽しいです。
    この店をもっとしっかりと軌道に乗せて、庭付きの一軒家を建てるのが今後の目標です(笑)。
    もちろん、バレーはいまでも大好きなので、私なりの形で携わることができたらなとも思っています。
    たとえば飲食しながら試合を楽しんでもらう企画を考えたりとか、そういう方面からバレー界を盛り上げたいな、と」

    引退後、メディアにもほとんど出ることはなかったバレー界のスターは、大阪で新たな夢に向かって歩き出していた。

    『FRIDAY』2019年12月6日号より

    https://i.imgur.com/13NpREE.jpg

    11/30(土) 8:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00000005-friday-spo

    【大阪で会える! 女子バレーの元エース木村沙織が働くカフェを発見】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/12(Sat) 04:47:12 ID:Gl68b/Ci9.net
    バレーボール男子のワールドカップ(W杯)第8日は11日、広島県立総合体育館で行われ、
    世界ランキング11位の日本は同13位のエジプトに3―2で競り勝ち、
    24年ぶりとなる6勝目(2敗)を挙げた。エジプトは2勝6敗。

    2016年リオデジャネイロ五輪優勝のブラジルはチュニジアを3―0で下して8連勝。
    世界選手権2連覇中のポーランドはオーストラリアをストレートで退けて7勝目(1敗)を挙げた。

    10/11(金) 22:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000199-kyodonews-spo

    【バレー日本、24年ぶり6勝目 男子W杯、エジプト破る】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/09(水) 07:33:50.23 ID:qiYTLXUy9.net
    9月に行われたバレーボールのワールドカップ(W杯)女子大会で、
    19歳の石川真佑(東レ)が本格的な全日本デビューを飾った。
    「通用した部分もあったので、自信を持ってやっていきたい」。
    世界大会で堂々と戦い、本人の手応えは確かだ。
     愛知県岡崎市出身。
    全日本男子で不動のエース、祐希(パドバ)を兄に持つ。
    東京・下北沢成徳高では主将として高校総体と国体の2冠を達成し、
    卒業して迎えた今季初めて全日本入り。
    7月のU20(20歳以下)世界選手権初優勝、若手主体で臨んだ8月のアジア選手権連覇の原動力になり、急きょW杯のメンバーとして招集された。

    身長171センチとアタッカーとしては小柄だが、
    相手ブロックに応じてスパイクを打ち分ける器用さでカバーする。
    後方からの難しいトスでも思い切り腕を振り抜く技術とパワーも。
    中田久美監督は「体の軸がぶれず、競った場面でも気持ちで負けない」と絶賛する。
     
    W杯では序盤にチームの状態が上向かない中で奮闘し、スパイクでチーム2位の85得点。「
    相手のブロックを利用して点を取ることができた。そういうところは自信を持って続けていこうと思う」。
    中田監督も直前の合流から大きな戦力になったことを評価し、
    「セッターとのコンビを詰め切れない中で、本当によく頑張ってくれた」。
     
    それでも、苦しい場面で決め切れなかった反省が残った。
    守備面も課題に挙げる石川は「サーブで狙われても、しっかり返していける安定したプレーをしたい」。
    目指すは攻守の要となる万能型選手だ。
    期せずして訪れたW杯の出場機会は、今後の成長の糧となろう。
    「コートに立たせてもらって、自分も活躍したいという気持ちが強まった」。
    兄とそろって東京五輪出場の夢が膨らむ。
    (2019/10/09-07:18)

    10/9(水) 7:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000027-jij-spo

    https://i.imgur.com/J99UEQ5.jpg
    https://i.imgur.com/4aUbZea.jpg
    https://i.imgur.com/oNse9LO.jpg
    https://i.imgur.com/jyScIRV.jpg

    【バレー女子の19歳石川、堂々世界デビュー=兄祐希と五輪出場を-オリパラ2020】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/09/23(月) 21:27:18.80 ID:HUf8ZZCt9.net
     バレーボールのワールドカップ(W杯)女子大会第7日は23日、札幌市の北海きたえーるなどで行われ、日本はケニアをストレートで破り、通算3勝4敗とした。ケニアは7戦全敗。

     日本は石川(東レ)や長内(日立)の強打で第1セットを先取。その後の2セットも途中出場の古賀(NEC)を軸に攻撃の手を緩めず連取した。

     前回優勝の中国は米国にストレート勝ちして開幕7連勝。米国は初黒星。ロシアはアルゼンチンを3-0で下して6勝1敗とした。オランダは韓国を3-1で破り5勝2敗。セルビアはカメルーンを、ブラジルはドミニカ共和国をそれぞれ退け、ともに4勝目を挙げた。 

    最終更新: 9/23(月) 21:23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000083-jij-spo

    9/23(月) 21:23配信 時事通信

    【日本、ケニア破り3勝目】の続きを読む

    1: フォーエバー ★ 2019/09/18(水) 23:10:02.14 ID:mzy2vLaa9.net
    「バレーボール・女子W杯、日本-カメルーン」(18日、横浜アリーナ)

     世界ランク6位の「火の鳥ニッポン」日本代表は第4戦で同17位のカメルーンに3-0で勝利し2勝2敗となった。

     第1セットと第2セットの立ち上がりでは流れをつかめず苦しんだが、それでも意地で連敗を2で止めた。W杯初スタメンの長内美和子(22)=日立=がチーム3番目の計10得点の活躍で勝利に貢献。「今はほっとしている」と、安堵(あんど)の表情を見せた。

     スタメン入りを聞かされたのは朝のミーティング。「聞き慣れない番号が出てきて、え?って思った」と笑いながら心境を語った。自身の活躍は「始めはすごい緊張して固さが出たけど、試合が進むにつれて良さが出た。打ち出しの早い所や、パワーのあるスパイクが打てた」と振り返る。

     19日は前回優勝の中国戦が控える。中田久美監督(54)は「最低限のサーブとレシーブをセッターに返さないと厳しい。全力で戦っていきたい」。ここまで4連勝の強敵を勢いに乗って倒しにいく。

    9/18(水) 22:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000144-dal-spo
    https://i.imgur.com/pnI05UF.jpg

    【女子バレー カメルーンに勝利 初スタメンの長内が10得点の貢献】の続きを読む

    このページのトップヘ