まとめ天下一武道会

4年に一度開かれるオリンピックやワールドカップなどのスポーツまとめです。

    カテゴリ: ラグビーワールドカップ

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/08/29(土) 16:32:13 ID:CAP_USER9.net
    https://president.jp/articles/-/38352

    2020/08/29 9:00
    もう第二のリーチ、五郎丸、松島は出てこない
    元主将が語る日本ラグビーの危機 
    プレジデント Digital

    伊藤 達也
    ライター

    https://president.jp/articles/-/38352

    ラグビー夏合宿の聖地・菅平が危機に瀕している。

    ラグビーの“聖地”といえば多くの人は冬の全国高校ラグビー選手権の舞台・大阪の花園ラグビー場と答えるだろう。または、数々の名勝負が記憶に残る東京・秩父宮ラグビー場か。新しいところでは、19年W杯でジャパンが快進撃を見せた横浜・日産スタジアムも加わるかもしれない。

    しかし、連日の酷暑に見舞われるなか、少なからぬラグビー経験者・ファンは、夏の長野・菅平高原を聖地に思い浮かべる人も多いはずだ。



    あのラグビー選手たちを育てた菅平に人がいない

    長野県上田市北部の菅平高原には毎夏、小学生のラグビースクールから、高校、大学、トップリーグのチームまで、全国から年代・カテゴリーを問わず合宿、練習試合を行うために集まる。そのチーム数は800以上、100面を超えるグラウンドでは、夏の間、朝から日が暮れるまで常にどこかで試合とハードな練習が行われている。
    標高1500メートルほどの準高地ゆえのトレーニング環境のよさに加え、練習試合の対戦相手に困らないことが全国からチームが集まる要因になっている。ラグビーW杯で日本中を熱狂させたマイケル・リーチや、フランスプロリーグに挑戦中の松島幸太郎、ゴールキックで人気者になった五郎丸歩や、「ノーサイドゲーム」で俳優デビューも果たした廣瀬俊朗などもこの地で合宿を経験し世界に羽ばたいていった。





    ラグビーショップも閉店中だ

    菅平では例年夏の期間は、町を歩けば短パン姿のラグビー部員と鉢合わせる。ラグビー用品を販売するショップや限定Tシャツを販売店も開店する。メインストリートに構えるセブン-イレブンには夕食後の時間になると大男たちが大挙して押し寄せる。そのため、品ぞろえもプロテインが山と積まれ、業務用冷凍庫には予約制の氷がぎっちり。肌着のサイズもLLからがメインだ。昨年のW杯の盛り上がりを受け、今年はファンも多く訪れるはずだった。

    しかし、今年の菅平には、風物詩のはずの大柄の選手たちの姿はない。ラグビーショップは開店せず、お土産用のTシャツも買えない。新型コロナウイルスの影響が、菅平を直撃したのだ。


    https://president.jp/articles/-/38352?page=2

    【もう第二のリーチ、五郎丸、松島は出てこない 元主将が語る日本ラグビーの危機】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/03/11(水) 07:04:51 ID:sYcfrbpS9.net
    3/10(火) 18:30配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000058-mai-spo

     2019年秋に開催されたラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は10日、東京都内で理事会を開き、大会収支が約68億円の実質的な黒字になったことを明らかにした。3月末で解散する組織委から黒字分を引き継ぐ日本ラグビー協会は基金を作り、ラグビー界活性化につなげるレガシー(遺産)事業に取り組む。

     組織委によると、主な事業は、移転整備後の秩父宮ラグビー場へのミュージアム設置▽ラグビーを通じた地方活性化▽日本とアジアの競技振興――などを想定している。

     W杯では初の決勝トーナメント進出を果たした日本代表の活躍もあり、全国12会場に約170万人が来場した。全48試合(うち3試合は台風により中止)のチケットをほぼ完売し、チケット収入は19年8月時点の見込みよりも約39億円増の約389億円となり、収入総額は約677億円に達した。組織委の嶋津昭事務総長は「日本協会、地方自治体、組織委職員が頑張り、日本代表が活躍した。すべての成果が結びついた」と語った。【大谷津統一】

    【【ラグビーW杯】実質68億円黒字に 「基金」作り、レガシー事業に】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/11(水) 22:47:09.97 ID:cGEzxxPl9.net
    大正製薬は11日、ラグビーのワールドカップ(W杯)で初のベスト8入りを果たした日本代表の選手とスタッフの全51人に1人当たり200万円を報奨金として贈呈すると発表した。ゴールドウインも51人に100万円を贈る。

    12/11(水) 11:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000062-kyodonews-spo

    【<日本代表に報奨金300万円!>】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2019/12/11(水) 18:04:20.15 ID:X14kvdpY9.net
    ラグビー日本代表のパレードが11日、東京・丸の内仲通りで開催された。選手は31人中、28人が参加。沿道のファンの大声援に応えた。この日集まったファンは平日にも関わらず約5万人。パレードコース約800メートルに人垣を作って声援を送った。

    黒っぽいスーツ姿で登場した選手を代表し、スタート前にリーチ・マイケル主将があいさつ。「皆さんこんにちは。ワールドカップの応援ありがとうございました。日本代表はワールドカップで初ベスト8進出を実現することが出来ました。テレビの前で、スタジアムで街で沢山ブレイブを送ってくれたファンの皆さまのおかげだと思います」「感謝伝えるパレードできてすごくうれしく思います。来年からトップリーグサンウルブス始まるので会場に足を運んで応援宜しくお願いします」と話すと万雷の拍手が沸いた。

    スポーツ関連のパレードといえば、五輪関連が有名。12年ロンドン五輪では銀座で行われ、選手はバスに分譲して中央通りを走り、約50万人が集結。16年リオ五輪、パラリンピックでは合同で約80万人が声援を送った。

    ソース/デイリー
    https://www.daily.co.jp/general/2019/12/11/0012951322.shtml

    【ラグビー日本代表パレードは5万人が集結 800メートルコースに人鈴なり】の続きを読む

    1: THE FURYφ ★ 2019/11/18(月) 15:22:10.09 ID:uywBfldN9.net
    日本ラグビー協会は18日、ワールドカップ(W杯)日本大会で日本を初の決勝トーナメントへと導いた
    ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)との契約を更新したと発表した。新たな契約期間は2020年1月1日から
    23年12月31日までの4年間。

    ジョセフHCは「目標としていたベスト8を達成したが、その先を見据えると課題がある。そのためにも私はもう一度、
    日本代表と一緒にチャレンジする道を選んだ」とコメント。日本協会の森重隆会長は「W杯フランス大会で
    今大会以上の成績を上げるために全面的にサポートしていく」との談話を発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000040-mai-spo

    【日本ラグビー協会、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチと契約更新 23年まで4年間「もう一度チャレンジ」】の続きを読む

    このページのトップヘ