まとめ天下一武道会

4年に一度開かれるオリンピックやワールドカップなどのスポーツまとめです。

    2020年07月

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/07/22(水) 23:21:37 ID:CAP_USER9.net
    7/22(水) 12:00配信 朝日新聞デジタル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3a180c0ec93af78360ebdea8224fabd957eba817

     新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピック(五輪)は23日、2度目の「開幕1年前」となる。先行きはなお不透明なまま。「五輪で戦えるなら他には何も望まない」「参加できない国があるなか開催するのは違う」。日本選手たちの胸の内も、揺れ動いている。

    ■松元克央(競泳)

     プールがあって、ライバルたちがいて、レースができる。無観客でもいいから、世界で一番強い選手を決める場所が欲しい。僕の願いはそれだけです。世界選手権でメダルを取ってから、五輪に向けて人生で一番と言っていいほど自分を追い込みました。蓄えた力を発揮できる機会がなければ、僕は頑張れません。

     去年は、五輪が延期になるなんて思いもしなかった。2度目の五輪1年前。いまは「本当に来年開かれるのかな」という考えが頭をよぎってしまいます。うまく気持ちをつくらないといけない。筋力トレーニングで持ち上げる重量、スクワットの回数――。何でもいいから、過去の自分より強くなったと言えるところを探すようにしています。


    ■中村匠吾(マラソン)

     いろいろ難しい部分があるとは思いますが、選手としての本音を言うと、五輪本番では沿道で応援してくれる人がいて欲しい、と思います。

     新型コロナの影響で競技場が使えないなど厳しい状況の中、このまま練習を続けていていいのかという葛藤もありました。ただ、練習中に「1年延期になったけど頑張ってね」と声をかけてくれる人が増え、大きな心の支えになりました。

     レースでも練習でも、声援はモチベーションになります。中止になるんじゃないかと不安になることもありますが、ウイルスに関して選手はコントロールできません。応援に結果で恩返しするという気持ちで、また、良い大会になることを願って一日一日努力していくことが最善だと思います。


    ■三宅宏実(重量挙げ)

     五輪が開催されるだけでもうれしいことなので、簡素化されても多くは望みません。でも、本当は満員になった会場で試合を経験してみたい。重量挙げの国内大会はお客さんが少ないので、五輪の大歓声の中で試合ができたら、ものすごい力を発揮できるだろうなと感じます。

     新型コロナの影響で約10年ぶりに自宅で練習しました。家だとバーベルを床に落とせないので、気が抜けません。私が競技を始めた場所でもあり、久しぶりに家族と一緒に過ごせて原点に戻れました。五輪延期で張り詰めていた気持ちが一度はプツンと切れましたが、今はボーナスタイムだと前向きにとらえています。本当にダメだと思うまで調整を続けたいです。


    ■西村拳(空手)

     競泳のマイケル・フェルプスが、北京五輪で8個の金メダルを手にした姿が衝撃でした。「こんな化け物が五輪にはいるんや」って。空手は五輪競技ではなかったから、テレビの向こうは夢の世界でしたね。どれだけ努力しても届かない舞台だと思っていました。

     空手は今回が初の五輪です。たまたま僕が現役の時に実施競技に入り、出場権を獲得できた。夢が現実になった。空手を知ってもらえる機会でもある。だから中止でもいいや、と簡単には思えない。開催してほしいというのが本音です。

     でも、そう言ってばかりもいられない状況です。新型コロナの収束が開催の前提でしょう。最高の状態で本番を迎えるために、いまの僕は前に進むだけです。


    ■寺本明日香(体操)

     五輪の魅力はスポーツの団結力だと思います。大会前の結団式に始まり、いろいろな競技の方と話したり、大会中もほかの競技を見たりするのが、すごく刺激的です。体操だけでやる世界選手権とは違います。

     一方で、もし五輪が開催されなくても、自分が見せられることはあります。新型コロナの中、色々と試行錯誤している競技団体はあるし、体操もやっていかないといけない。そういう意味では、五輪がすべてではないなと思います。

     2月に左アキレス腱(けん)断裂という大けがをしました。東京で私の人生を語るような演技がしたい、とやってきたんですけど、またさらに語るものができました。そういった魅力を出せる演技をしていきたいです。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    【「中止は苦しい」「無理に開催違う」 五輪、選手は複雑】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/07/20(月) 13:25:20.95 ID:CAP_USER.net
    2021年夏に延期された東京五輪の詳細な競技日程が17日、決まった。17日間で開催する従来の計画を踏襲し、1日前にずらし7月23日に開幕する。42カ所の競技会場も再確保にメドがついた。大会の骨格となる日程・会場は維持されるが新型コロナウイルスの収束は見通せず、感染症対策の具体化や大会の簡素化など難題が待ち受ける。

    大会組織委員会は17日、オンライン形式で開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で競技日程と会場の維持について報告した。従来計画からの変更は試合時間や実施順の微調整程度で、8月8日の閉会式まで史上最多の33競技339種目を行う。計画が1年スライドされる形となる。

    競技は開幕2日前に福島市で行うソフトボールから始まり、日本のメダルが期待される柔道や競泳は大会前半に実施される。後半は陸上やレスリング、新競技のスポーツクライミングなどが続く。暑さ対策で札幌市で実施するマラソンと競歩は表彰式を国立競技場(東京・新宿)で行い、マラソンは男女とも閉会式でメダルを授与する。

    日程の維持により、交通輸送や警備などの大会運営関連でこれまでの計画を生かしやすくなる。9都道県にまたがる42の競技会場や選手村(東京・中央)、メディア拠点となる東京ビッグサイト(東京・江東)も維持できる見通しで、使用期間や補償を巡り詰めの調整を続ける。観戦チケットは国内向け抽選販売で約448万枚を販売済みで、組織委は今秋以降、希望者には払い戻しに応じる。

    【関連記事】
    東京五輪の観客削減「シナリオの一つ」IOCバッハ会長
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61689830Y0A710C2000000/

    競技日程や会場はほぼ固まったが、開催への課題は多い。新型コロナが収束せず、開催できるかどうかも懸念されるなか、組織委などは今後、感染症対策の検討を急ぐ。

    ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つため、観客の人数制限も想定される。対策の具体化に向け、組織委と都、政府は9月にも会議体を立ち上げて専門家を交え議論を始める。

    海外からの選手や大会関係者らのための検疫体制なども論点となり、年末をメドに対策をまとめる。選手らが出国する際の陽性確認などで各国との連携が不可欠となる。

    延期に伴う追加費用は3千億円ともされる。競技日程や会場が固まったことで大会運営の簡素化に向けた作業も本格化する。IOC総会で組織委の武藤敏郎事務総長は「追加費用については見積もりの作業を進めており、秋にも全体像を示したい」と話した。

    今春時点で、組織委などは式典に参加する選手らの削減など、200項目以上をリスト化した。「大会のスリム化に聖域はなく開閉会式も対象」(組織委幹部)とし、どの項目のコスト削減効果が高いかなどの洗い出しを進めている。五輪の準備状況を監督するIOC調整委員会は国際競技連盟(IF)の意見も踏まえ、9月下旬の会合で計画をまとめる方針だ。

    運営費の追加費用を巡ってはIOCが最大6億5千万ドル(約700億円)を支払う意向を示しているが、組織委や都、国の間でどう分担するかの議論は進んでいない。確定するのは一連の対策がまとまる年末以降になる可能性がある。

    2020/7/17 21:16 (2020/7/20 9:14更新)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61670470X10C20A7EA3000/

    【五輪、競技日程・会場を維持 コロナ対策など課題山積】の続きを読む

    1: ニーニーφ ★ 2020/07/21(火) 19:13:27 ID:CAP_USER9.net
     バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希(24)=ミラノ=が21日、オンラインで報道陣の取材に応じた。
    新型コロナウイルス感染拡大の影響で「3か月は自宅で自粛生活を送っていた」というが、東京・味の素トレセンで行われている日本代表合宿に合流後は「思ったよりも感覚に違和感はなかった。今はコンディションを戻し、来年にどうつなげるかを考えて練習している」と語った。

     23日には延期が決まった東京五輪開幕まで再び1年を迎える。「僕自身、日本で五輪が開催されることは喜ばしい。(五輪が)あると信じて取り組むことが今できること」と強調。
    合宿後は再びイタリアに戻り、来季はミラノでプレーすることが決まっている。
    「レベルの高い環境でできているので、フィジカル、スキル、メンタルすべてを成長させて1年後を迎えたい」と更なる成長を誓った。


    7/21(火) 18:58配信 スポーツ報知
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0480acf0ef7cdaae8774f2f320202812ba67ecea

    【日本代表のエース・石川祐希 「1年後に(東京五輪が)あると信じて取り組む」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2020/07/22(水) 00:32:57 ID:CAP_USER9.net
    3季ぶり34回目のスペインリーグ優勝を成し遂げ、現在1週間のオフに入っているレアル・マドリードが、今夏の移籍市場で選手放出を優先させるとスペイン紙アスが21日に伝えている。

    同紙によると、Rマドリードは今夏、選手補強を行わない考えを持っているとのこと。一方、昨夏はアザール、ヨヴィッチ、ミリトン、メンディ、ロドリゴ獲得に約3億ユーロ(約360億円)を費やしていた。

    Rマドリードが補強を行わない理由は、新型コロナウイルスの影響を財政面に受けているため。これにより今夏計画していた補強を延期することになるが、クラブは現在の良好なチーム状態と今季期限付き移籍に出している選手たちで、来季を乗り切れると判断しているとのことだ。

    Rマドリードは現在、36選手と契約を結んでいるが、全員を来季メンバー登録できるわけではないため、人員整理を行い、新型コロナウイルスの影響による収入減を選手売却でカバーする必要がある。

    そんな中、今季のメンバー25選手のうち、ハメス、ベール、ルカス・バスケス、マリアーノが今夏の移籍市場で売りに出されるという。また唯一の期限付き移籍選手アレオラはシーズン終了後、所属元のパリ・サンジェルマンに戻ることになる。

    4選手のうち、ハメスの退団は決定的になっている。一方、それぞれ22年と23年まで契約が残るも現在戦力外のベールとマリアーノは退団を望んでいないという。ルーカス・バスケスについては来年6月で契約が切れるため、そして残留した場合、ジダンが戦力に含むため、それほど心配がないという。

    また出場機会を求めて移籍を希望した場合、ナチョも放出リストに入ることになるが、DFのユーティリティプレーヤーとしてジダンにとって価値ある選手のため、残留しても問題はない。

    今季期限付き移籍中の選手を見てみると、来季Rマドリードに戻る選手はほとんどいないと同紙は伝えている。その中でルニン(オビエド)が、今季アレオラが務めている第2GKとして戻ってくる他、クラブがアクラフをインテル・ミラノに売却したため、オドリオソラ(バイエルン・ミュンヘン)がカルバハルのバックアップとして復帰することになりそうだ。

    またウーデゴールについて同紙は、来季もレアル・ソシエダードでプレーを継続することで合意しているという情報が出ているものの、ジダンのメンバーに含まれることになると推測している。

    一方、バジェホ(グラナダ)、レギロン(セビリア)、オスカル・ロドリゲス(レガネス)、マジョラル(レバンテ)、ルカ・ジダン(ラシン・サンンタンデール)は売却先を探すことになるとのこと。しかしレアル・マドリードは多くの場合、完全に関係を絶つことはせず、権利の50%を保有することを求めるという。

    久保建英(マジョルカ)、今季Bチームのカスティージャに所属したヘイニエル、ほとんどトップチームで出番のなかったブラヒムについては来季、買い取りオプション無しの期限付き移籍で他クラブに所属させることをRマドリードが望んでいるとアス紙が伝えている。(高橋智行通信員)

    7/21(火) 23:40 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2aad192159df19bb663563bb6f2e10e0c6f7227

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200721-27211346-nksports-000-3-view.jpg

    【<久保建英>来季も期限付き移籍!スペイン紙アス】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/20(月) 22:13:05.13 ID:CAP_USER9.net
    『フランス・フットボール』は20日、同誌が主催するバロンドール(世界最優秀選手賞)を2020年は決定しないと発表した。

     バロンドールは、1956年に同誌が創設した賞。その年の世界最高のサッカー選手に贈られる由緒ある個人タイトルだ。2010年にはFIFA最優秀選手賞と統合されてFIFAバロンドールに形を変えるが、2016年から再びバロンドールに戻っている。

     昨年、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが6度目の受賞を果たし、単独で史上最多受賞となったバロンドール。2020年は、創設以来初めての開催見送りとなることが決まった。

     今年は新型コロナウイルスの影響で、早くシーズンを打ち切ったリーグもあり、公平性に欠ける中でベストプレーヤーを選ぶのは困難だというのが主な理由。「バロンドールの歴史は貴重なものであり、不安定な決断でそれを損なうリスクを冒すことはできない。このような激動の時代においては、一時休止も不可欠だ」とした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/83d8456b921862374a5f97364a93c9f72bc653f9

    【バロンドール、創設以来初めての中止。新型コロナウイルスの影響で公平性欠くと判断】の続きを読む

    このページのトップヘ