まとめ天下一武道会

4年に一度開かれるオリンピックやワールドカップなどのスポーツまとめです。

    1: Egg ★ 2020/03/30(月) 22:45:08.54 ID:pOqHK67h9.net
    東京2020組織委員会は30日、都内で理事会を開いた。24日に大会の開催延期が決まって以降、初めて開かれた理事会。
    冒頭、森喜朗会長はあいさつの中で、新型コロナウイルスの影響を考慮して、19日のギリシャでの聖火引き継ぎへ日本側代表団派遣を見送ったことに関して言及した。

    「聖火を取りに行けなかったのは非常に残念だったが、正直申し上げて、聖火さえ日本に取ってしまえば、という一念だった」との思いを吐露した。
    安倍晋三首相の提案で当面、福島県に保管する予定の聖火について「当面は福岡県に置きましょう、ということになった」と言い間違える場面もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000113-dal-spo

    【<森喜朗会長(82)>福島県に保管する予定の聖火について「当面は福岡県に置きましょう」と言い間違え】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/03/31(火) 05:52:44 ID:YwHrkHCH9.net
    3/30(月) 23:28配信 共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000201-kyodonews-spo

     【ニューヨーク共同】来年夏の開催が決まった東京五輪・パラリンピックの新日程について、米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は30日、「東京が最も暑い時期に行われることになる」と指摘、夏の開催は新型コロナウイルスの感染が拡大する前から懸念事項となっていたと伝えた。

     同紙は、夏開催は放映権を持つ米放送局にとって都合が良く、陸上をはじめとして競技団体の間でも夏開催を求める声が多かったと分析。一方、水泳や卓球など一部の競技団体は春の開催を要望していたとも指摘した。

    【「最も暑い時期に開催」 ニューヨーク・タイムズが懸念】の続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2020/03/31(火) 07:42:28 ID:FYj6Av8i9.net
     【ニューヨーク共同】30日の米紙USAトゥデー(電子版)は、東京五輪の新たな大会日程が発表されたことについて「無神経の極みだ」と国際オリンピック委員会(IOC)を批判した。

     同紙の運動担当コラムニストは「世界中が疫病と死と絶望に包まれている時に、なぜ日程を発表する必要があるのか」と指摘。「せめて暗いトンネルを抜けて光が見える時まで待てなかったのか」と述べ、新型コロナウイルス感染の状況改善を待つべきだったとした。

     さらに来年7月に感染が終息している保証はないとして、発表が拙速だったと主張した。
    https://this.kiji.is/617462879109071969

    【IOC五輪委員会を「無神経の極み」と痛烈批判】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/30(月) 18:55:55 ID:CAP_USER.net
    【速報・独自】#新型コロナウイルス の影響で延期が決まった #東京オリンピック について、来年7月23日の開幕で決定したことが、関係者への取材で分かりました。
    https://twitter.com/tbs_news/status/1244555510033993729
    (deleted an unsolicited ad)

    【東京オリンピック、来年7月23日の開幕で決定】の続きを読む

    1: 1号 ★ 2020/03/30(月) 13:28:11 ID:CSuhoWZC9.net
    【志村けんさん死去】実兄に聞いた近況と、2月に笑顔で語っていた「夢」


     お笑い界のレジェンド・志村けんさんが3月29日、午後11時過ぎに新型コロナウイルスによる肺炎のため他界したことが明らかになった。

    「3月17日に発症し、20日には重度の肺炎と診断され都内の病院に救急搬送されていました。容体ですが、“集中治療室に入っているが安定している”という話もあれば“意識混濁”“人工心肺で治療中”という話もあって情報が錯綜していましたが、予断を許さない病状ではありました」(スポーツ紙記者)

     感染者50万人、死者2万人を軽々超え、世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス。志村けんさんの感染が公表されたのが3月24日のことだった。

    「その後、芸能界では志村さんの復帰を願う声が広がり、ネット上でもツイッターではハッシュタグ“#志村けん頑張れ”がトレンド入りするなど、応援の声が上がっていました。そんな矢先のまさかの悲報でした」(前出・スポーツ紙記者)

    お酒はゆっくり、タバコは吸わず
     週刊女性は故人の生前、都内に住む志村の長兄・知之さんにも話を聞いていた。

    「病名は私もテレビで見て知ったくらい。本人とも連絡がつかないし、事務所に電話して確認したけど話は報道と同じ。私や次兄が病院へ付き添ったっていうのはウソだね。次兄も、入ってくる情報は事務所とテレビだけだと思います」(知之さん)

    『天才! 志村どうぶつ園』(日本テレビ系)などのレギュラー番組だけでなく、『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)といった特番や舞台もこなす売れっ子コメディアンは、俳優としても引っ張りだこ。4月からNHKの朝ドラ『エール』に出演し、12月公開予定の映画『キネマの神様』では初の主演を務めることも決まっていただけに、今後、変更を余儀なくされそうだ。

    「肺炎になってからはタバコはやめていたんです。お酒も“だいぶ減らした”と言っていたし」(知之さん)

     かつて、'16年に肺炎にかかり入院し、昨年には下血して病院に救急搬送。今年1月にも胃のポリープ切除手術を受けたばかりも、精力的に仕事をこなす志村さんの身体を心配する声もあった。自覚もあったのか、知之さんも話すように、本人は以前よりも節制した生活を送っていたようだ。

     行きつけだという東京・麻布十番にあるガールズバーで女性たちに囲まれても、それは変わらなかったという。店の常連客が志村さんを最後に見かけたのは、手術から復帰した「2月の終わりごろ」。

    「お酒は飲んでいたけれど、すごくゆっくり。タバコも吸っていなかったんですよ。お店の女の子たちもすごく気を遣っていて、志村さんが来ているときは絶対にタバコを吸わなかったくらいですからね」

     そこまで徹底した体調管理をしていたのには、こんな理由が。

    「酒の席でめったに自慢話をしない志村さんが“7月に東京オリンピックの聖火ランナーやるんだよ。夢みたいだろ?”と、うれしそうにしゃべっていて。“ちゃんと走れるようにしておきたいじゃん?”と、ずいぶん楽しみにしていたのですが……」(同・常連客)

     72歳で亡くなった、元ドリフターズのリーダー・いかりや長介さんを追うように、70歳の若さで旅立ってしまった志村けんさん。お笑い界、芸能界はまた大きな宝を失ってしまった。

    3/30(月) 11:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00017537-jprime-ent

    【「7月に東京オリンピックの聖火ランナーやるんだよ。夢みたいだろ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ